生産性を上げるというのは難しいです

仕事で遅くなり終電に乗り遅れると困るので、たまに車で通勤します。夜遅くなるとお腹が空きます。ごはん食べ放題の定食屋さんに行き行ったりします。又うどんもトリプルつまり3玉までサービスと言うお店もあります。私は夜型で夜になると元気が出てきます。しかしある上場の大企業で夜遅くまで仕事をしていたり休日出勤したりしているとタイムカードでわかり人事から事情を聴かれたりします。

又世界有数の大企業の本社ビルでは本日はノー残業デイと言った放送が流れていて今日は残業をせずにさっさと帰らなくてはいけない時もあるのです。私の場合は管理職でそれなりに仕事をこなしていかなければなりませんので月末や会議の時などの日はどうしても夜が遅くなってしまいます。別に不具合は私の場合は人事システム上見られません。

結局月間で働いていると計算すると主任クラスとなるとかつては時間給で最低賃金を割る給料とも思える時がありました。今はどうなっているのでしょうか。だいたいバブル以前はやみくもに仕事をしていた時です。私は損保、生保業界なので営業として売り上げを挙げる場合バーターで取引して貰っていたそうで。結局手取りの自由にできるお金はそれほどない状態らしいのです。福利厚生はちゃんとしていますが大変ですね。

今の営業マン、営業ウーマンのスタイルは昔と変わっているかもしれませんが、基本的には効率よく生産性を上げて過ごして頂きたいです。

コメントは受け付けていません。