MRI検査で寝落ちした

誰しもあることだと思うけれど、時々頭がズキンと傷むことがある。いわゆる偏頭痛ってやつだと思う。

仕事中のパソコンがいけないのかな?気になるので脳神経科の病院に行くことにした。

受付を済ませて診察。色々と症状を聞かれたあと、脳のMRI撮りましょうと言われた。

「大きな音がしますが大丈夫ですか?」と聞かれる。確かに検査室の中から大きな音がする。

大きな音に恐怖を感じたりはしないので「平気です」と答える。

「狭いところは平気ですか」とも聞かれる。それも大丈夫ですと答える。

いざ検査室へ。ベッドのような台に横になる。「耳栓します?」と聞いてくれたので借りてみた。

台が動いてトンネルみたいな中にスーッと移動する。

と、直後にものすごい大音響が周りのトンネルから響いてきた。

工事現場の真ん中に寝ているみたい。耳栓意味ない感じ。

15分くらいかかると言われたけど耐えられるかな…..

なんて思っているうち、慣れてきたのか段々意識がぼーっとしてきた。

ありえないけど、周りがとてつもなくうるさいのに眠くなってきたらしい。記憶があるのはそこまで。

「終わりましたよ」と声をかけられた。あろうことか、ぐっすり眠っていたみたい。

検査技師の人も笑っていたような気がする。

検査結果に異状はなく、飲み薬処方されておしまい。

私、うるさくても眠れるんだ、ってわかった一日でした。

コメントは受け付けていません。