有機野菜と自然農法の関係について

さて、今回はですね、有機野菜と自然農法についての情報を簡単にではありますが解説してみたいと思います。

まず、有機野菜の意味ですが、基本的には農薬と化学肥料を使用しないなどの基準が定められています。

この有機野菜に認定されるには、国が管轄している、JASというところがあり、ここで有機農産物と認定されれば、晴れて有機野菜として堂々と名乗れることになります。

一般的には、農薬や化学肥料が含まれていませんので、消費者は安心に購入できるといった声が多いです。

同じような意味の言葉に、自然農法という言葉があります。

これは、もう有機野菜を作るために作られた環境で、セットで扱っても良い言葉なのですが、できるだけ自然の栄養が豊富な土で作ることを目的にしたのが自然農法ということになります。

当然、化学物質を使用していないので、この土で育った野菜は、野菜本来の新鮮で爽やかな土の風味が少し混じった匂いと味がします。

体に悪影響を与えると言われている成分が一切含まれていませんので、人体に及ぼす影響は0%に等しいものとなっています。

今回は、有機野菜と自然農法という言葉について解説してみました。

参考になれば幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントは受け付けていません。