車が轍(わだち)にはまりやすい日

雪国では、避けて通れない「雪道運転」。気温が低くて「凍結」した道のスリップも怖いのですが、気温が緩み、降った雪の上を車が走るとタイヤの後が二本の線になり、それが「溝」になります。その溝の上をなぞるように走行するぶんには良いのですが、狭い小路で対向車などが来る場合、どちらかが道の端に寄らなければなりません。

その時に、片方のタイヤががっぷりと溝にはまってしまうと、車が身動き出来ない状況になります。いわゆる「はまってしまった」状態です。雪国では良くある事です。車を押してくれる大人2人がいれば、「軽乗用車」は動きます。

人通りの多いところであれば、「心ある人」の力を借りて、すぐに脱出できるのですが、人もまばらな所では、自力で脱出出来るように日ごろから心がけておいたほうが良いです。女性であっても。ジャッキが車にあれば、ジャッキアップして、動かしていくことが出来ます。JAFを呼ぶより早いし、無料で済みます。雪が湿った日、雨が降ったような日は要注意というのが雪国の慣例です。

コメントは受け付けていません。