キャッシングの過払い金は返還請求をしよう

最近、テレビや広告などでよく見るのが、キャッシングの「過払い金返還請求」というものです。過払い金返還請求というのは何かを語るには、まずは過払い金が何かというのを知る必要があります。

過払い金というのは、本来は支払わなくてもいい利息のことをいいます。そんな利息が本当にあるのかと思いきや、本当にあります。その利息とは、グレーゾーン金利で貸し出された金利のことです。法律の改正により、現在ではこのグレーゾーン金利というのはありません。

グレーゾーン金利というのは、20パーセントから29.2パーセントの年率で貸し出されたお金にかかる利息です。グレーゾーン金利というのは、違法状態ではあるが罰則はないという、文字通りの「グレーゾーン」です。この金利に伴う利息は、本来支払う必要はありません。ですので、返還してもらおうと思えば返還してもらうことができます。

これを「過払い金返還請求」というのです。この過払い金返還請求、自分で直接キャッシング会社に問い合わせをして、返還請求をすることもできます。ただし、キャッシング会社は、相手が一般人だと分かると、なかなか請求に応じなかったり、答えをはぐらかしたりしようとします。

そこで、確実に返還請求を行いたいという人は、弁護士や司法書士に依頼をするケースが増えております。司法書士は、140万円までの過払い金の場合のみ依頼することができます。こういった法曹界の力を借りて、過払い金を返還してもらうこともできます。

コメントは受け付けていません。