ランサムウェアを防ぐには

ランサムウェアとは近頃ニュースでも時たま取り上げられる、いわゆる身代金要求型不正プログラムのことです。ひとたびランサムウェアに感染してしまうと、コンピューター内部のデータを暗号化などで使用出来なくしてしまい、ランサムウェア 復元の代わりに身代金を要求してくるのです。このプログラムの感染経路は主にメールの添付ファイルや、攻撃者によって改竄されたウェブサイトなどがあります。既知のランサムウェアに対しては対策がとられたとしても、攻撃者は別の様々な脆弱性を突いて攻撃してくるので完全に防ぐのも難しそうです。

このように、完全に防ぐのは難しいランサムウェアの攻撃に備えるための対策はどのようなものがあるのでしょうか。まず、不審なメールの添付ファイルを安易に開かない、怪しいウェブサイトを利用しないだけでもずいぶん防げるとは思いますが、完璧ではありません。やはり、こまめに必要なデータのバックアップをとっておくことが重要なのではないかと思います。ランサムウェアと切り離された場所にあるデータはさすがに書き換えることは出来ませんからね。

コメントは受け付けていません。