時々は練習せないかんな

いやあ、びっくりした。株主総会へ向け株主名簿の整理をしていて、手書きで「基準日現在」と書いてたのだが、「これでいいんですか」と聞かれて見たら「基準備」となっていた。まるでワープロで誤変換したみたいな間違いだ。

ずっとパソコンモニターのぞいていると、頭がそっち方面になってしまうのか?

人のことはいえないのだが、ワープロの普及のせいか、近ごろものすごくみんな字が汚くなっている気がする。いや、幼い字のまんま、というべきか。

学校を卒業すると滅多に手書きすることがないのだろう。たまに手紙葉書の宛名で、小学生?と思うような字に出会うことがある。春闘の回答をホワイトボードに書いていた電機労連の人の字もなかなかのものでしたね。

芥川龍之介が自殺するに際して残した「手記」に「ある女の人を愛したときも彼女の文字の下手だったために急に愛を失った」とあって、「何様?」とも思うのだが、まあ芥川様なわけで、確かにきれいな人があまりに稚拙な字を書くとちょっとびっくりするな。逆に女性に限らず、十人並みの面相でも字が上手だとかなり評価が上がりますね。

字なんて分かりやすく丁寧に書いてあればそれでいい、という考え方もあるけど、きれいな字で損することはない。時々は練習せないかんな。

コメントは受け付けていません。