乾燥の原因と顔が乾燥する時の症状

若い頃は体の水分や皮脂の量がしっかりしているので肌が潤っている状態を保ち続ける事が出来ます。しかし年齢を重ねてくると体の水分や皮脂の量が減ってきてしまうので肌の潤いもなくなってきてしまい次第に顔がヒリヒリ痛い症状が出てきてしまいます。特に水分や皮脂の量が減ってしまうのが顔で一番乾燥しやすい部位と言えるでしょう。

顔が乾燥してしまうと最初は肌のカサカサ感を感じるぐらいですが次第に痒みを伴ってきてしまいます。さらに乾燥が酷くなってきてしまうと皮膚がポロポロ落ちてきてしまって顔がピリピリしてきて痛みを伴ってしまいます。痛みを伴ってしまう時は肌が炎症を起こしてしまう事もあるので顔の乾燥は酷くなる前に対策が必要になってきます。

顔の乾燥の対策はやはり保湿させるという事が大切でしょう。入浴後にクリームや化粧水などを塗って潤いを与えておくという事が大なので習慣付けておくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。