朝ごはんについておもうこと

朝ごはんをしっかりたべる人もいますが、朝はどうしても食べられない人もいると思います。

あさごはんはきちんと食べようなんて当たり前だし、大事だ言うこともわかっていても、朝食べると胃がはたらかないのかムカムカしちゃうし、そもそもほんとうにたべる気がしません。

お昼までにお腹がすくとかで困ることもないので、それはその人の体質だと思うし、そういってほしいのです。世間はどうしても朝ごはんは食べようという風潮にあります。食べないのは悪いことと言われるとほんとうにつらくなります。体質的に食べられない人もいるのです。

でも少数派ですが、朝にはデトックスがでるので逆に食べてはいけないと言う説もありました。それを聞いた時は心底ほっとしました。

どっちが正しいのかなんてどっちでもいいのですが、ただ決めつけないで欲しいのです。朝ごはんをたべることはいいことみたいに一方的に主張しないでほしいなとおもいます。いろんな体質の人がいるので。

一日の中で量を決めて、食べたい時に食べれる量で、質の良い物をバランスよくたべることが一番だと思います。

その人のたべる時の気持ちもだいじだとおもいます。楽しい気持ちでたべること。

もうすこし惑わされないで自分の主張を押し通してもいいのだなと反省もしています。

朝ごはん神話に惑わされないでいたいとおもいます。

コメントは受け付けていません。