ビデオカメラレンタルの需要について

今の日本の市場においてはスマートフォンの普及率が非常に高くなっています。スマートフォンの機能はさまざまなAV機器やIT機器の機能を包含するほどにレベルアップしています。

一番分かりやすいところでいくと、スマートフォンのカメラ機能のアップによって、コンパクトデジタルカメラの需要が激減しました。さらにその需要を一眼カメラまで影響が出る程度になっています。

当初は動画機能に関してはそれほど需要を食い合う状況もありませんでしたが、実際に日本人の動画撮影の利用時間は非常に短いこともあり、わざわざデジタルビデオカメラを購入するのではなく、スマートフォンでまかなおうという文化も育ってきています。必然的にデジタルビデオカメラの需要も減ってくるわけです。デジタルカメラと同じく。

しかしながら、子供の思い出を動画で残したい場合、たとえば、運動会や習い事の発表会、さらには毛っこ式といった行事に際してはやはりデジタルビデオカメラで撮影して、外部メモリ、いわゆるBDやDVD、SDカードに保存しようという考え方は変わりません。とはいうものの前述の通り、こうし他動が撮影の機会は1年間に数えるほどしかないという消費者も数多く存在するのが実情です。そこで、市場として求められてでてきたのがビデオカメラレンタルになります。

これは、プロニーズはもちろん、一般消費者が多少ハイスペックなビデオカメラを利用したいというときにも答えてくれるサービスです。

ビデオカメラレンタルサービスの方が実際に所有して年に数回の撮影で買い替えを待つよりもコストパフォーマンスとしてもメリットがあります。さらに常に最新機器を利用できることにも繋がるので間違いなく、消費者の利用動向に照らした場合にも優れたサービス、それがビデオカメラレンタルです。

使い方に関しても、どのメーカーも基本的な撮影方法については非常にわかりやすく、初見の商品であっても問題なく、利用できます。

レンタルサービスを行っているお店を探すことは、ハードルが高いかもしれませんが一度利用してみて問題なければ、定期的にご活用いただけるものだと思います。もちろん、記録用のメディアは個人で準備になりますが。

コメントは受け付けていません。