我が家の一人娘について思うこと

うちには3歳になる娘がいます。最近やっと意思疎通ができるようになり、育児がだいぶ楽になってきました。

娘が3歳にもなると、周りからはよく「二人目は?」と聞かれます。そんな質問をされる度に少し胸がチクリと痛むのですが、我が家は一人っ子決定なのです。

娘を出産後に子宮に病気が見つかりました。その治療に専念するために、子供は一人と決めたのです。いつ病気が完治するかわかりませんし、今すぐ治ったとしても高齢出産の枠に入りますから色々と大変になります。

世間では一人っ子のイメージがあまり良くありませんよね。寂しいとかかわいそうだとか。

私自身三人姉妹でとても仲が良いので、きょうだいの良さは痛いほどわかります。

そして何より周りからそのような心ないことを言われた時に、私が凛とした態度でいなければ、娘が辛くなります。

夫ともたくさん話し合いました。

夫は子供は人数じゃない、と言ってくれました。子供の人数で幸せははかれないのだと。

また、幸せを決めるのは子供自身であって、だから親としての役割は子供に溢れるほどの愛情を与えることだと教えてくれたのです。

その言葉で私はとても救われました。周りがなんと言おうと、娘が幸せだと笑ってくれたら、それだけで良いのだと。

これから可愛い一人娘にたくさんの愛情を注いでいこうと思います。

コメントは受け付けていません。