ホワイトニング活動で自分磨きをしよう

肌はターンオーバーを28日のサイクルで来る返しますが、歯は永久歯と言われるくらいで、大人になってから生え変わることはありません。だからこそ、一生ものですよね。日本人は歯に対する意識が世界に比べると低いようで、30代の歯周病患者がアメリカと比べると6割ほど多いそうです。歯間ブラシを使うことが当たり前な国になっていないことが一つの原因だとか。でも、意識している人はしています。ホワイトニングを受けたいと考えている人もおり、これは相手にとっての第一印象をかなり良いものにすると思われます。

歯が見えるのは話している時や笑っている時。その時はたいてい人と向き合っていますよね。その時に見える歯が黄ばんでいたら、どんなにかわいくても印象は台無しです。だからこそ、歯もお手入れしておくことで自分に自信が持てるようになります。毎日歯磨きをしていても黄ばんでしまうのは多少仕方のないことなので、自分でどうしようもないところは歯医者に頼むべきでしょう。どれだけ白くしたいかなど、最初はカウンセリングを行えます。歯の色だけ見ているとイメージがわきにくいと思うので、不自然じゃないくらいなのはどのあたりですかと、スタッフに聞いてみるのが安心でしょう。憧れの人がいるなら、その芸能人の写真を見せて雰囲気をわかってもらうというのも手ですね。歯がキレイだと笑っている顔が2割増しで良く見えると言います。自分磨きの一環として「ホワイトニング活動」をしてみては?

コメントは受け付けていません。