歯磨きの悩みと歯ブラシ

歯ブラシっていろんな種類のものがたくさんあって、どれを選ぶかちょっと迷ってしまいますね。ここ5年ほど、いろんな歯ブラシを買って試しては自分に合ったものを探しています。

数年前、歯医者に検診に行ったら歯茎に傷がついているといわれました。どうやら歯磨きの磨く力が強すぎるか、歯ブラシの毛が硬すぎて歯茎を傷つけているようです。柔らかめの歯ブラシに変えてもっと優しく磨くように言われました。

それと生えかけの親知らずが他の歯よりも背が低いので歯ブラシがちゃんと届かずに歯垢が溜まりがちになっていると指摘されました。

今はできるだけヘッドが小さくて毛が柔らかめの歯ブラシを使うようにしています。ただ、親知らずのところには小さ目ヘッドの歯ブラシでも届かないので、ワンタフトブラシという極小ヘッドの物を使っています。タフトとは毛束のことで、ワンタフトブラシは直径5ミリくらいの円状に毛が生えているハブラシです。本当にヘッドが小さいので口の奥の方にまで届いて細かいところが磨けます。

歯ブラシを変えたり磨き方を工夫したりもするのですが、ときどき歯茎から出血してしまうのが悩みです。歯茎が健康になると出血も減るらしいので、地道に歯磨きを頑張ろうと思います。

コメントは受け付けていません。