好きな絵はテンションが上がります

私は絵を描くことが好きなので、ほぼ毎日描いています。

最近は好きな絵の模写が多いのですが、好きな絵を見ているとテンションが上がります。

先日、私が好きな画家の画集を図書館で借りてきました。

ものすごく有名な画家というわけではないので、見つけた時は嬉しくすぐに借りました。

今度はその画家の絵を模写したいと思っています。

抽象画は分かりにくいところもありますが、解説を読むとその絵が理解できるようになります。

解説を見なくても、自分で感じたままに好みか、そうでないかを見極めてしまいがちです。

しかし、あまり好ましくない絵でも解説を読むことによって、画家の真意が伝わってきて、今までよりも興味深く拝見することができます。

私が好きになる絵は自分が子供の頃から何気なく描いてきた絵と傾向が似ているような気がします。

どこかで自分の絵と重ね合わせているところがあるのかもしれません。

それほど有名でない画家の絵で知らないものは、まだまだたくさんあります。

それらを見つけていくのも楽しいです。

最近ではすぐにネットで新しい情報を入手できるので、とても便利になりました。

これからも自分の画力を上げるために、また、新たな画家を見つけていくために、たくさんの絵を拝見していこうと思っています。

コメントは受け付けていません。