B型肝炎給付金の受給対象者と病状別の受給金額について

小学校の時に行われていた集団予防接種の時に注射を使い回していた時期がありました。注射を使い回していた事によりB型肝炎ウイルスに感染している疑いが出てきた事により問題が出てきてしまいました。集団予防接種の時に注射器の使い回していた事が原因でB型肝炎ウイルスに感染した人には国が責任を取るという形で賠償金を支払う事が決定しています。その賠償金をB型肝炎給付金でB型肝炎ウイルスに感染した証拠などを準備してB型肝炎給付金弁護士相談センターなどを利用して訴訟手続きすると受け取る事が出来ます。そこでB型肝炎給付金の受給対象者から見ていく事にしましょう。

・1941年7月~1988年1月の間に生まれた人

集団予防接種の時に注射の使い回しが行われていたのは1941年7月~1988年1月の間に生まれた人が集団予防接種を受けていた期間と言われています。それによりこの期間に生まれた人でB型肝炎ウイルスに感染してしまった場合はB型肝炎給付金の受給対象者となります。

・満7歳になるまでに集団予防接種かツベルクリン反応検査を受けた人

B型肝炎ウイルスに感染しやすいのは幼少期が多いと言われています。それで満7歳になるまでに集団予防接種かツベルクリン反応検査を受けた人でB型肝炎ウイルスに感染した人はB型肝炎給付金の受給対象者となります。

・母親がB型肝炎ウイルスに感染していて二次感染した人

母親がB型肝炎ウイルスに感染していていると二次感染によって子供もB型肝炎ウイルスに感染してしまいます。それで母親がB型肝炎給付金の受給対象者になっていれば二次感染した子供もB型肝炎給付金の受給対象者となります。

B型肝炎給付金の受給対象者はこのようになっていますが、病状によって受給する事が出来る金額も変わってきます。まずB型肝炎ウイルスに感染して肝臓がんや重度の肝硬変になってしまった時は3600万円の給付金を受給する事が出来ます。次にB型肝炎ウイルスに感染して軽度の肝硬変になってしまった時は2400万円の給付金を受け取る事が出来ます。その他では慢性肝炎になってしまった時は1250万円、無症候性キャリアになってしまった時は600万円の給付金を受け取る事が出来ます。しかしB型肝炎ウイルスに感染して20年以上経過していると慢性肝炎になってしまった時は治療中だと300万円、治療済みだと150万円、無症候性キャリアになってしまった時は50万円と受給する事が出来る金額が減ってしまいます。

コメントは受け付けていません。