フリーマーケットもいろいろ

フリーマーケットが好きで、週末にはよく家族で覗きに行っています。

高くても数百円くらいで色々なものが買えるので、掘り出し物を探しだすのが楽しくて仕方ないんですよね。

しょっちゅうフリーマーケットに行っていると、出店者にも色々な人がいて人間観察もなかなか面白いです。

絶対に値下げしないので全く売れていない人や、自分が購入した時の値段を連呼して良品アピールする人などなど。

買う側にとっては、その人が定価いくらで購入したかよりも、現在の商品状態や設定価格のほうがはるかに重要なんですけどね。

自分が元は高く買っているという変なプライドがあると、数百円などで投げ売りするのは納得がいかないんだろうなーと思って見ています。

以前、けっこうくたびれて状態がイマイチの子供服に1000円の値段がついていて驚きました。

フリーマーケットで1000円はかなり高価ですよ。

私がちょっとその子供服を手に取ると、あ!それは1万5000円で買ったやつなんですよ!すごくいい品物なんです!と猛アピールされました。

いや、元値がいくら高くてもクタクタなんですが・・・と思ってしまいました。

もちろん口には出しませんけどね。

個人的な意見ですが、お金持ちっぽい人ほど元値にこだわらず、ハイ10円、ハイ100円、とポンポン売ってすぐ売り切れている印象ですね。

コメントは受け付けていません。