ミニ洋ランの冬越しの為新たな準備を

そろそろ寒い季節が迫っているという事もあり、数年前からの課題であった手持ちのミニ洋ランの快適な越冬の為、ホームセンターから買ってきた透明なコンテナボックスを利用して、簡易式の保温ケースを作成する事にしました。

やり方は非常に簡単。コンテナボックスの内側に隙間無く保温用のアルミシートを貼り、最後に温湿度を計るデジタル温湿度計を取り付けて完成。ベストな内面のサイズにアルミシートを切り分け貼り付けるのには慣れず、ちょっと時間を要してしまいましたが、何とか2時間以内に完成させる事が出来ました。

現在はさっそく温室時計を稼働させ、室内の外気とボックス内の温度差をチェックし、保温効果の程を確認しているところ。またアルミシートを貼り付けた布テープの臭いもある程度時間を掛けて飛ばさなければならず、こちらは本格的な厳冬期までに間に合うか、ちょっと心配な部分でもあります。

一方夏バテもせず順調に育ったミニ洋ランは幾つかの株が既に大きく花芽を伸ばし、例年以上に多くの花を咲かせてくれそうな確信を持てる様になりました。ちょっと開花期も早めになりそうで、非常に楽しみです。

コメントは受け付けていません。