比例で復活当選とかもうやめよう

すこし前になりますが、話題になった某女性国会議員がいます。体調不良を理由に欠席届を提出しておきながら、酒宴の席に出たりしたそうです。開き直った感じとか、それまでの一連の言動を総合的に見ると、怒りとか通り越して情けない気分になってきます。

その方は比例代表での議席獲得らしいのですが、この制度そのものもどうかな、と思うほどです。票自体は「党」に対してがほとんどなので、党籍が無くなれば自動的に失職させるのが筋だと思うのです。少し前にあったみんなの党の比例で受かった議員達が、結いから維新へ鞍替えしていったのを見ると、選挙が茶番だったと言われても仕方ないのです。

怒りで無く情けなく感じるのは、そういった「モラル」「道徳」或いは「倫理感」みたいなものが、多くの支持者を集め謳い文句だけはすばらしい議員さんからあまり感じられないからです。

コメントは受け付けていません。