恋愛感情は、10年以上持つことは出来てないかも。

出会い、その言葉を聞くと多くの人は男女の出会いというモノをイメージするのではないかと思います。単純に旅先での現地人との出会いとか、恩師との出会いとか、いろいろこの言葉の使いようはありますが、通常一般的な健康な男女であれば、普通は恋愛関係につながるものを出会いという言葉から連想すると僕は考えます。
さて、この恋愛につながるような出会いが最近の自分にいつ頃あったのかとふと考えてみたところ、何と学生時代位まで遡らないと思い出せないくらい過去になります。すでにアラフォー世代で独身男性でもあるので、普通はこの出会いを求めて行動するというのは自然なことだと思うのですが、どうにもそちらの方を今期待することができません。
その原因は、自分が安定収入がない無職者だということと、社会人時代になってから人間不信~人間嫌いになる経験が多くあったことで、楽しみよりも警戒の方が強いということだと思います。就職による安定収入を得たいし、いつまでも新しい人間関係を作れないのも辞めたいのですが、これらについては今後も何故か上手くいく気がしません。
僕の視点から見ると社会から干されている様な状態なのですが、おそらく同じ経験をしている人はあまりいないのかもしれないと思う今日この頃です。

コメントは受け付けていません。