パソコン作業中に口をはさむ主人

いつも主人と並んでパソコン作業をすることが多い日常を送っています。お互いに集中して黙々と作業をしているのですが、主人のパソコン歴はもう数十年、私はまだ3年ほどとかなりの差があります。困ったことや分らないことがあれば、隣で作業をする主人に聞くのが最も早い解決方法で、パソコンの苦手な私にとってはとても助かっています。

しかし、私の求めている時だけ教えてくれるわけではありません。さりげなく指使いなんかもチェックし、もうちょっと指の位置を買えた方が良い、手元を見ないように、といろいろなアドバイスがあります。独学でパソコンに取り組んできた私にとって、指の使い方を変えることがもっとも難しく、ちょっと注意をされたからと言ってすぐに直るものでもありません。

こんな時は少しうっとうしいなと思いながらも、私のパソコンの上達を願って教えてくれる主人には、本当は感謝しないといけません。

コメントは受け付けていません。