パニック障害について理解してあげましょう

以前はあまり聞き慣れない名前でしたが、最近パニック障害という言葉をよく耳にするようになりました。それだけ患者が多いということなのでしょう。

逃げることができないようなバスや電車、歯医者の治療台などの上にいると、急に不安な症状に襲われてくるそうでう。そうすると、だんだんと息苦しい状態になり、呼吸が浅い状態になります。これは過呼吸発作の始まりです。なるべくゆっくりと呼吸をさせてあげるようにして、気持ちを楽にしてあげます。

一度そんな発作を起こしてしまうと、また発作を起こすのではないかという不安が強くなり、更に状況が悪くなるようです。とにかく不安になってしまうなのが原因のようです。

なかなかこの症状を理解しようとするのは難しいことかもしれませんが、発作が起こっている時は、本人はこのまま死んでしまうのでは?という恐怖でいっぱいのようです。周囲の人の理解が大切な病気の一つです。

コメントは受け付けていません。