災害時にも適応できる自給自足のメリットについて

最近では、世界各地で災害が多発しています。
災害で困るのは、水道や電気などが使用できなくなる点です。
そういった時に強いのが、自家製の太陽光発電や井戸、ベランダ菜園などです。
絶対に非難をしなければいけないレベルの災害でなければ、自宅待機といったパターンになるので、そういった時に停電や断水、食料の流通のストップといった状況に陥った時に、ある程度自宅で揃えられるように準備しておくと、なんとか災害時を乗り越えられるようです。
うちは戸建てですが、屋根には太陽光はつけていません。
太陽光を設置すると、100万円はかかってしまうので、急に準備はできませんが、スマホやパソコンを充電できるぐらいの太陽光発電であれば、数千円からでも購入できるから、災害や事故に備えて、準備していこうと思いました。
ベランダもあるので、ある程度の野菜を育てていって、災害時でも新鮮な野菜が食べられるように備えていきたいです。

コメントは受け付けていません。